PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 64- ブラインドサイト

skyrim_576.jpg

ファルメルの目があるというドワーフの遺跡、イルクンサンドにやってきました。

今作のスカイリムは雪国という設定のため、当前ですが雪景色が多いですね。
銀世界も素敵ですが、全体的にちょっと地味な感じがいたします。
グラフィック系のMODとか入れてみようかと考えたのですが、数多くあるMODの中から選ぶのが面倒になってしまい、結局入れてません。
今はMODを探すよりもプレイしてたほうが楽しいのですわ。
まあグラフィックは今のままでも結構満足しているので、このままでもいいかなと思っております。
気が向いたら入れるかも。


skyrim_577.jpg

さてさて、イルクンサンドに足を踏み入れると山賊たちがお出迎え。
現地集合のはずなのに、ブリニョルフとカーリアの姿は見えず。
ここの山賊たち、バーベキューや鍋パーティーの準備をしててすごく楽しそうでしたの。
そんなリア充たちを始末して建物の中に入ります。


skyrim_578.jpg

建物の中を少し進んだところで2人と合流。
先に中に入ってるなら外の山賊くらい片付けておいて欲しかった。

「あれを見て!」 と突然カーリアが叫んだので、傍に行って柵越しに覗いてみるとメルセルを発見。 あんな遠くのやつ、よく気付いたな。
メルセルは私達がいるのを知って挑発してるつもりらしい。


skyrim_579.jpg

ちょっとした仕掛け。
レバーはここ以外に対極の向こう側にもありまして、2つとも作動させると右奥に見える鉄格子が下りて通れるようになります。
レバーは時間が経つと戻ってしまうので、戻らないうちにもう1つを作動させる必要があります。


skyrim_580.jpg

今回は罠にひっかからないように気をつけて通り抜けたワタクシ。
どこで道草くってるのかなかなか来ない2人を心配して、来た道を引き帰したら2名ほど犠牲者が出てしまいました。

焦げたブリニョルフから聞いたのですが、ファルメルの目は人の頭ぐらい大きいんですって。
この宝石、価値は計り知れませんぜ。


skyrim_581.jpg

進んで進んで扉を開けると、一所懸命に像からファルメルの目を剥がしているメルセルがいました。 ロッククライミングしてるのかと思いましたわ。
ファルメルの目っていうことは、この像はファルメルってことになるんでしょうね。
お顔立ちが普通なので、これはスノーエルフだったときの姿なのでしょうか。


skyrim_582.jpg

メルセルに魔法をかけられたのか、扉の前でお互いを攻撃し合うブリニョルフとカーリア。
私は像から降りてきたメルセルとタイマン勝負。
メルセルは透明になってウロチョロするので、ここに来る途中で拾った生命探知の巻物を使って炙り出す。
ここはナイチンゲールの一員らしく、ナイチンゲールの剣を使って攻撃。
よく切れるわー。


skyrim_583.jpg

メルセルを倒して荷物を漁ると、不壊のピックとファルメルの目以外にも宝石やら薬やら金目のものをたんまり持ってましたよ。
捨てていくのがもったいなくて全部取ったら重量オーバーになってしまった。

直後、遺跡内に水が溢れてくるのでここから脱出しなければならないのですが、水位が上がるスピードが速い速い。
ボケーっとしてるとあっという間にいっぱいになってしまう。
なかなか出口が見つからず、ナイチンゲール3名の遺体が浮かんだりもしました。 何回も。
出口は像の頭の上あたりにありました。


skyrim_584.jpg

遺跡から脱出し、大量に荷物を持った重い体でなんとかホワイトランのお店まで歩いてきました。
時間かかりましたわー、走れないから。

店主 「やあ、カジートの友よ」
だからなぜ私だと分かる……。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。