PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 72- 失われた無垢

skyrim_650.jpg

扉の前に猫3匹。
司書に頼まれてた本を届けに大学に寄ったら懐かしい顔に会いました。
なんでしょうねえ、今カレとデート中に元カレとバッタリみたいなこの気まずさは。
盗賊ギルドのクエストが終わったら迎えに来ようと思ってたけど、申し訳ない、ジェイ・ザルゴ。
このままここで勉学に勤しんでくれ。


skyrim_651.jpg

大学の図書館で捜査官の保管庫という鍵付きの箱を見つけまして、ピッキングしようとしたら鍵を持ってたみたいで。 箱の中には4つの指輪。
そういえば前に大学クエで地下に降りたとき、これに触れた報告書みたいなのを読んだ記憶がある。 今まですっかり忘れてました。

4つの指輪を持って大学地下のデイドラ印の手の彫像がある場所へ。
彫像の指に指輪をはめると、封印されていたヴェレーク・セインというデイドラが出現。
そこから解放してあげたら宝の地図をくれました。
船を沈めて戦利品を手に入れるも、持ちきれなくて隠したんですと。
デイドラにも持てる限度ってあるのか……。


skyrim_652.jpg

デイドラが書いたっつー地図が大雑把。
ドーンスターと大学のマークは何とか読み取れたんですけどね、探し出すのに苦労しましたわよ。

その場所を簡単に申しますと、ウィンターホールドの町をずずーっと左に、サールザルをずずーっと上に、ふたつが交わるあたりにある島がそうでございます。 目印はでっかいタロス像。
目的の場所に近づくと宝箱が出現します。

こんな苦労して見つけても中身は大したことなかったというね。
でもタロス像の足元にはまあまあ値打ちのある武器とスキル本が置いてありましたよ。


skyrim_653.jpg

さて、アベンタス・アレティノと話すためにウィンドヘルムにやってきました。
街の人の話から、彼と話すと闇の一党関連のクエストが始まることが分かってたのでずっと避けておりました。
そろそろ始めようかと思い会いに来たら、なんと少年ではあーりませんか。

近づく私に気付く様子もなく、一心不乱に呪文を唱えて儀式をしてる少年。
彼、最近母親が亡くなったためにリフテンの孤児院に送られたそうなんですが、そこの院長があまりにも酷いっていうんで逃げ出してきて、ここで闇の一党を呼び出す黒き聖餐という儀式をしてたようです。
彼の噂を聞いたのがプレイしてすぐだから、それからずーっと儀式してたのか。
待たせたな、少年。

アベンタス少年は孤児院の院長を殺して欲しいと頼んできました。
どうやら私を闇の一党の暗殺者と間違えてるみたい。
友達に会いたいけど院長がいるから戻れない、だから急いでね! と急かされ、私はリフテンの孤児院へと向かうことになりました。


skyrim_654.jpg

盗賊ギルドでさんざん歩き回ってたのに、リフテンに孤児院があったことを初めて知った。
オナーホール孤児院というギリギリのネーミングの孤児院の中に入ると、親切者のグレロッドと呼ばれている院長が子供たちに暴言吐きまくり。
子供たちは彼女を恐れて素直に服従。

グレロッドがいない隙に子供たちにインタビュー。
あなたは親切者のグレロッドをどう思ってますか?
子供1 「みんな嫌ってる」
子供2 「あんな悪人見たことない」
子供3 「あいつは絶対ハグレイヴン」
子供4 「意地悪クソババア」

まぁみんな堰を切ったように喋る喋る。

女の子 「どんな雑用でもできるから採用して、お願い」
出来るものなら全員養子にしたいぐらいだわ。 猫、お金だけは持ってるの。


skyrim_655.jpg

グレロッドが1人になったところで、後ろからザクッと。
扉を閉めてこっそり殺ったはずなのに、グレロッドがデカイ悲鳴をあげて死んだせいで子供たちが集まってくる。 ヤバイ、通報されるか?

子供1 「グレロッドが死んだ! アハハ!」
子供2 「アベンタスが闇の一党を使ったんだ! アハハ!」
子供3 「ついに死んだ! アハハ!」
子供4 「助かった! アハハ!」
現場は一気に祝賀ムードに。
とりあえず私が殺ったことはバレてないと思う。

アベンタス少年に報告したら
「将来は子供たちを助けるため、あなたみたいな暗殺者になる」 と、家宝の皿を貰いました。
喜んでいいのか悪いのか。


skyrim_656.jpg

各地で家を購入した結果、リフテンの家が一番使いやすそうだったので拠点をリフテンへ移そうと思い、荷物を取りにホワイトランに戻りました。

ホワイトラン衛兵 「リフテンの孤児院で殺人があったらしい。 子供達は悲しんでるだろな」
いえいえ、子供たちはビバ!ビバ!言ってましたけど。

家に入ろうとすると配達人に呼び止められ、奇妙なメモを渡されました。
差出人を聞くと、黒装束を纏った薄気味悪い奴だと言う。
また何かのクエストだろうと、茶をすすりながらメモを開く。


skyrim_657.jpg

夜中の3時に口から茶を噴き出しましたわ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。