PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 79- 静寂は破られた

skyrim_706.jpg

スカイリムを始めて早や3ヶ月。
まだまだ終わる気配はありませんねえ。
何を持って終了とするかは自分次第のゲームなのですが、せめて大中のクエストぐらいは一通りやっておきたいと思っております。
しかしこんな調子じゃいつまで経っても終わらない気が……。


skyrim_707.jpg

夜母が言ってたアマウンド・モティエールと面会。
彼は黒き聖餐を行った依頼者のようです。
夜母が願いを聞いて、聞こえし者へ告げる。
これが本来の闇の一党の在り方ですね。
伝えし者を省いて、聞こえし者が依頼者と直接話しておりますが。

彼の目的は皇帝を暗殺すること。
その前の下準備として何件かの暗殺を依頼してきました。
皇帝の死は変革をもたらし、今それを望む者達がいるのだと言います。

詳しい内容が書かれている封のされた手紙と、暗殺資金として使えと高価なアミュレットを渡されました。


skyrim_708.jpg

アストリッドに報告。
依頼人の目的が皇帝の暗殺だと知ると、初めはひどく驚いた様子でしたが、衰退した闇の一党を栄光に導く大きなチャンスだと喜んでいました。

情報収集と今後の対応についてアストリッドが考えている間、私はアマウンドから渡されたアミュレットを鑑定するため、盗賊ギルドのデルビンに会いに行くことになりました。
ちょうどブリニョルフとお姉様のいる盗賊ギルドが恋しかったので嬉しい ♪


skyrim_709.jpg

闇の一党の仕事で来たと言うと、「随分と顔が広いんだな」 とデルビンに言われました。
盗賊ギルドに入ってる入ってないとでこのセリフは替わるのでしょうか。

デルビンの鑑定では、このアミュレットは皇帝の元老院の一員のために作られた特注だそう。
ひと財産分の価値があるっていうけど、インベントリ見たとき1000ゴールドでしたけど?
売れるなら売って来いとアストリッドに言われていたので、「買う?」 と聞くと 「もちろん!」 と食い気味に答えてきました。

デルビンから信用状というものを預かり、アストリッドの元へ。
皇帝暗殺プロジェクトにおける最初の仕事を任されましたが、その前にナジルから小さな仕事を貰ったのでそちらを先に済ませます。

アストリッド 「手紙の封が開いていたなんて不思議よね~」
……バレとる。


skyrim_710.jpg

ナジルから貰った仕事は今回も3件。
まず1人目のターゲットは、難破船を漁るのが好きなアルゴニアンのディーカス。
壊れた船の横でお茶してるところを弓で射っとく。

近くに宝物がいくつかありましたが、1000ゴールド以上じゃないと滅多に食指が伸びなくなってきました。
最近は使い道もないのにお金がたくさんあるので、売買が面倒臭いんですよね。
それでも数千ゴールドするものはついつい取っちゃうんですけど。


skyrim_711.jpg

2人目のターゲットは、ホワイトランで屋台をやっているウッドエルフのアノリアス。
私が贔屓にしているお店の奥で昼間から寝ていたので、そーっと近づいたら起きてきた。
こんな近くでも気付かないとは……。
弓で射って終了。
部屋を汚したせめてものお詫びとして、ご主人から買い物して店を出ました。


skyrim_712.jpg

3人目のターゲットは、キャラバンで商人をしている熟練ウィザードのマランドゥル・ジョー。
カジートです。
ちょうどタイミングよくホワイトランにいたので移動の手間が省けました。
キャラバンと聞いて、もしかしてカルジョのいるキャラバンでは?とワクワクしたのですが、こちらは笑顔がキュートなリサード率いるキャラバンでした。
猫はあまり傷つけたくないけど仕方ない、プスリ。


skyrim_713.jpg

さあ戻ろうかと歩き出したとき、落武者3兄弟を発見。
よくよく見れば3人とも名前はルイス・レットラッシュ。
バグですね……。 1人なんか埋まってるし。
調べてみたのですが、どんどん増殖していくようですね。
今後も彼らを見守っていきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。