PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 83- 大惨事の原因

skyrim_738.jpg

ナジルから貰える最後の仕事のターゲットは、海賊船レッドウェーブの船長サフィア。
盗賊ギルドで別の船に侵入したときも船員達に襲われましたし、ナジルからも船員達には気をつけろと忠告を受けていたので覚悟して侵入したのですが、船長を始末しても船員だぁれも気にしてませんでしたわ。
まぁ何というか取り越し苦労。


skyrim_739.jpg

さて、皇帝暗殺プロジェクトの次の任務を受けます。
こんな爺さん、一党にいたっけ?
任務内容は、皇帝のシェフとして仕えることになっている美食家を殺害して通行証を盗むこと。
レシピ本が大人気の美食家ですが、名前も性別も場所も分からない。
そのためまずは彼の正体を知っているとされるコックから情報を聞き出すことになりました。
そのコック、レシピ本に美食家のサインをもらったんですって。 名前入りで。

爺さん 「実はワシも美食家の料理を作ってみた……うまかった」
案外ミーハーなのね。


skyrim_740.jpg

マルカルスで働いていたコックに美食家について聞いてみた。
「絶対に裏切らない。 秘密は墓場まで持っていく」 と言ってたコックですが、闇の一党だと仄めかすとあっさり白状。
口軽すぎ。

情報を聞きだした後はコックも始末するよう言われていましたが、まわりに人がいたのでこの場は取り合えず 「サンキューでぇす」 と言ってサヨウナラ。


skyrim_741.jpg

夜になって皆が寝静まるころ行動開始。
前回失敗した毒殺にもう一度挑戦したかったので、フロストバイトの毒をコックに忍ばせる。
……やっぱり1個じゃ足りなかった。
ということでもう1個追加…………海老反りして昇天。
よし、成功!


skyrim_742.jpg

コックから聞き出した情報を元に、街道沿いにある宿屋ナイトゲートへ向かいます。
猫の尻尾は左に流れるのね。

美食家を始末したあと、身元発覚を遅らせるため死体を隠せばボーナスをくれるそう。
死体の隠し場所はメンバーから海や湖の中がよいとアドバイスされたので、事前に宿屋周辺を歩いて水場をチェック。


skyrim_743.jpg

美食家は宿屋の地下で大樽に入ってました。
どうやって入ったんだよ。
美食家の正体は、バラゴグ・グロ・ノロブという名前の男性オーク。
舌噛みそう。

ここで殺っちゃおうかと思いましたが水場まで運べそうにないし、第一ここからじゃ攻撃できないので、外に出てくるまでジッと待つことにいたしました。


skyrim_744.jpg

待機を繰り返して数時間。
やっと美食家、樽から抜け出してきたようです。
ちょうどいいことに水場の近く。
これは押してくれと言ってるようなもの。
しかし押したところで溺れるかどうか分からないので、後ろからダガーでいっときました。


skyrim_745.jpg

美食家から通行証を盗み、本体は水の中へ。
任務完了。
報酬の1500ゴールドとボーナスのナイトウィーバーのバンドを受け取りました。
バンドっていうから篭手のように腕に着けるものだと思ったら指輪でした。
そろそろこの皇帝暗殺プロジェクトも最終段階に進むようです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。