PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 84- 帝国を倒すには

skyrim_746.jpg

ソリチュードのドール城へとやってまいりました。
入り口にいたマロ指揮官に近寄るなと言われましたが、前回美食家から奪った通行証を提示すると態度が一変。
中で料理人が待っていますと快く通してくれました。

マロ指揮官 「すいません! そんな格好をしてるとは思いも寄らなかったので……」
ムッ! この格好に何か問題でも!?


skyrim_747.jpg

料理人のジアーナ。
彼女にも冷たくあしらわれましたが、美食家だぞ!と言うとこちらも態度を一変。
美食家ってそんなにすごいのか。

ジアーナ 「美食家がカジートだとは思わなくて。 料理に毛が入ったりしませんか?」
ムッ! 人が気にしてることを。


skyrim_748.jpg

コック帽を被らないとうまく料理ができないとジアーナが言うので、近くの棚から帽子を頂戴してクッキングスタート。
本日のメニューは皇帝リクエストの美食家特別レシピ 「ポタージュ・ル・マグニフィーク」
鍋に入れる材料をジアーナに指示していく。
えっとまずはスイートロール、次はハチミツ酒、次は巨人のつま先でしょ、そしてセプティム金貨。

ジアーナ 「ああ絶妙な味わい。 完璧です」
頭どうかしてる。
最後にアストリッドから渡されたジャリンの根 (毒) を隠し味として入れさせる。
でっきあがり♪


skyrim_749.jpg

晩餐が開かれるダイニングルームに移動。
待ちに待った美食家の特別料理をさっそく口にする皇帝。

皇帝 「実に美味! 素晴らしい!」
これも頭どうかしてる。
直後、毒がまわり天に召される皇帝。
そして警備の人たちに追われる猫。
なんかジアーナも共犯になっちゃったみたいで申し訳ないわ。


skyrim_750.jpg

買収して警備が手薄になってるはずの橋を渡って逃げようとしたら、マロ指揮官率いるペニトゥス・オクラトゥスが目の前に立ち塞がる。
長々と前口上をたれるマロ指揮官。

マロ指揮官が明かす衝撃の事実
・さっき始末した人物は皇帝の双子でありニセモノじゃ、バーカ
・闇の一党の1人が計画を教えてくれたわ
・交換取引として猫を殺す約束だっけど、闇の一党ごと潰すことに決ーめた
非常にまずい状況でございます。
ひとまずここから逃げる!


skyrim_751.jpg

ペニトゥス・オクラトゥスの使徒たちを振り払い、塔の階段を下りてたら見知らぬ場所に出た。
まあ外に出られたんだからさっさと聖域に戻ろうとファストトラベルしようとしたら、衛兵に追いかけられてるから出来ないとメッセージ。
データを見ると、ハーフィンガルでの賞金額が1500ゴールドついてました。
聖域まで歩いて帰るのもしんどいし、あとあと面倒なので、衛兵に罰金を払って賞金を清算しました。 ギルド割引で750ゴールドなり。


skyrim_752.jpg

聖域に直接ファストトラベルが出来なかったので、近くのファルクリースに飛んで、そこから馬でパカパカしてたらドラゴンに襲われました。
ドラゴン戦の最中にペニトゥス・オクラトゥスの使徒たちも現れる。
この人たち相当弱いけど、こんなんで皇帝の警備とか出来るのだろうか。


skyrim_753.jpg

聖域の入り口で爺さん死んでた。
こんなに矢刺さなくても……。
シセロの事件あたりからみんな徐々に猫を受け入れ始めてくれたのに、こんなことになって残念。
他のみんなは無事だろか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。