PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 85- デス・インカーネイト

skyrim_754.jpg

聖域の中に入るとそこは火の海と化していました。
ペニトゥス・オクラトゥスのやつら、盛大にやってくれましたな。
入り口付近ではトカゲちゃんの死体を発見。
なぜか身ぐるみ剥がされてふんどし一丁にされてました。
ペニトゥス・オクラトゥス、許せん。


skyrim_755.jpg

火が燃え盛る中、メンバーを探し回っていると1匹のケモノが目に飛び込んできました。
敵と戦っているということは味方なのかいな?と考えていたらケモノ死にました。
調べてみればアストリッドの旦那。
そういやウェアウルフだとかなんとか言ってましたっけ。
私、ウェアウルフを見るのは初めてです。


skyrim_756.jpg

猫がナジルに襲われてるみたいですが、ナジルが襲われているところを猫が助太刀。
ここ来る途中、メンバー3名 + ペットのクモ (名称リス) の死を確認。
ほとんどのメンバーが死んでしまいました。

ナジルに今回の計画は罠だったことを告げる。
私が黒幕だと少しだけ考えていたようですが、襲われているナジルを助けたことで疑念は晴れたみたい。 助けといてよかった。


skyrim_757.jpg

焼け焦げてしまう前にと、ナジルと一緒に脱出を試みたけれど、
崩れた岩が外に通じる道を塞いでいて通れない。

そのとき、夜母の声が響く。
夜母 「私こそ唯一の救済。 さあ、私を抱擁しなさい」
えーーー!!! いゃゃ……

しかし夜母に頼る以外に助かる方法はなく、しぶしぶ夜母の棺をオープン。


skyrim_758.jpg

バタンと扉を閉められました。 またこれか。
夜母 「お眠りなさい」
ムリだから。

暫しの沈黙のあと夜母が語りかける。
夜母 「この聖域にいるアストリッドに会いなさい」


skyrim_759.jpg

扉オープン。
猫、生還。
目の前には心配そうにこちらを見つめるナジルと吸血鬼少女のバベットの姿。
バベットも生きてたか。
あたりを見回すと鎮火してる模様。
夜母の力かな。


skyrim_760.jpg

アストリッドは自分の部屋の奥に横たわっていました。 全身大やけどで。
彼女は私を罠に嵌めて殺そうとしたことを白状。
全てを裏切ったあげく、結果全てを失ってしまったと酷く後悔し、自分の過ちを認めていました。
シセロや私が現れる前の一党に戻りたかっただけなのだと。
ふむふむ、気持ち分からんでもないよ。
でも私をスカウトしたのはあなたなんだけど。

どうやらアストリッドはここで黒き聖餐を行ったようです。
それにより夜母を通して私が遣わされたということらしい。

アストリッド 「お願い、私を殺して」
彼女から授けられた "悲痛の短剣" を使い、彼女の魂を解き放ちました。


skyrim_761.jpg

夜母の元に戻ると、契約を続行しなさいとの指示が下りました。
「もうお終いだ」 と嘆くナジルに夜母の言葉を伝え、生き残りの3名で力を合わせて任務遂行することになりました。
まずはホワイトランにいる依頼主アマウンド・モティエールに会いに行ってきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。