PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 90- シルバーハンド

skyrim_794.jpg

どうにかこうにかドラウグルを全滅させ、ジョルバスクルへと戻る帰り道。
なぜ歩いているかと申しますと、重量オーバーでファストトラベル出来ないからでございます。
あそこのドラウグルたち、いい武器持ってましたわー。
ファルカスは荷物持ってくれないし、シャドウメアはどこに置いて来たか忘れちゃうし、おかげで長時間歩くハメになりました。


skyrim_795.jpg

やっとのことでジョルバスクルに到着。
中庭に呼び出されカツアゲ……ではなくて入団式。
これで正式な同胞団のメンバーとなりました。

コドラクにウェアウルフについて少しだけ聞いてみたのですが、同胞団全員ではなく、サークルのメンバーのみがウェアウルフになるそうでして、コドラク本人はこの力を治療したがってる様子でした。
サークルとは同胞団の中の幹部みたいなものでしょうかね。


skyrim_796.jpg

その日の夜、スコールというメンバーから呼び出されたので行ってみると1匹のウェアウルフが大人しくスタンバイ。

スコール 「アエラだと分かるか? 姿は変わってるが」
分かる……わけないねっ。

スコール 「Join us !」
ウェアウルフにはなりたくないですが、進行しないのでやむを得ずアエラの血をすすりました。

コドラクはウェアウルフの力を呪いだと考えているのに対し、スコールたちは神の祝福だと考えているようです。
そのため今宵の儀式は他のメンバーに知られぬよう秘密裏に行われました。


skyrim_797.jpg

どーも、新生にゃんこです。
ウェアウルフに男女の区別とかあるんでしょうか?
見た目同じ気がしますが。
何をすることもなくジョルバスクルの庭をウロウロしてたら目の前が真っ暗に。


skyrim_798.jpg

知らない場所で目が覚めた。 下着姿で。

アエラ 「死んだかと思った。 でも死ななかったんだから良かったじゃない」
…………。

私がウェアウルフになったお祝いとして、
ギャロウズ・ロックで野営しているシルバーハンドを一掃するよう言われる。
お祝い?
中にはすでにスコールが侵入しているとのこと。


skyrim_799.jpg

この状態から頭突き数回のキルムーブ。
両手武器を使うの初めてだから新しいキルムーブを見ることができて新鮮。

今回の同胞団でのプレイスタイルですが、当初は碧水晶装備・両手武器メイン・魔法禁止を考えていたのですが、碧水晶鎧を着てみたら恐ろしく似合わなかったので、周囲にあわせてこんな感じになりました。
この姿も結構お気に入り。 兜は別として。


skyrim_800.jpg

檻にウェアウルフが捕らえられていたので逃がしてあげたら襲われた。
そういえば知り合いじゃない者も捕らえられてたってアエラが言ってたっけ。
人の話はよく聞くべきでした。


skyrim_801.jpg

敵を一掃し、周りを見たら、スコールが死んでました。
なんちゅー格好で……。
復讐に燃えるアエラ。
そして私は彼女を手伝うという流れになったので、シルバーハンドの野営地に計画書を盗みに行って来まーす。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。