PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 97- 竜教団包囲網

skyrim_852.jpg

ユニコーンに乗って気持ちよく疾走中、サーベルキャットに纏わりつかれたので退治してやろうと降りて武器を構え振り返れば、そこにはすでに息絶えて転がる2頭のサーベルキャットが。
ユニコーン、できる奴よ。
カルジョはユニコーンの足の速さについて来れず、遥か彼方を疾走中。


skyrim_853.jpg

フォーレルホストという場所で、帝国軍将校と名乗る男に呼び止められる。
将軍の命令で強力な武器を調達しに来たので手伝えと言う。
テュリウス将軍から何も聞いてないと言うと 「み、密偵があちこちいるからな」 と歯切れが悪い。

亡霊には気をつけろよと忠告され、じゃあ中に入るべと歩き出したら、奴はテントでゴソゴソと就寝の態勢に入っとる。
お前は来んのか!と叩き起こすと 「俺は戦争に欠かせない存在だから、命を危険にさらせない」 と。
ふん! ヘタレはそこで寝とれ。


skyrim_854.jpg

デイドラ防具にした甲斐があったのか、前回から見違えたように強くなったカルジョ。
一人前になって感無量。

ここでひとつ、中で拾ったハラルド王の軍人日記とヘタレ将校からのプチ情報をば。

昔、ドラゴンなど特定の動物を神の化身として崇拝していた竜教団というのがいて、生贄と引き換えに司祭に力を授けていたらしいが、その残酷さに耐えられなかった人々が竜戦争なるものを起こしたそう。
で、敗れた竜教団がこの場所で密かに再編成の準備などしてるところをハラルド王の軍に偶然見つかっちゃって、双方に大勢の犠牲者が出たとか何とか云々。
以上!


skyrim_855.jpg

拾った日記にこの井戸の鍵の在り処が書かれていたのでゲット。
その前に自分で開けちゃったから意味ないけど。
井戸なのでもちろん水の中を泳いで進む。
カルジョが溺れずにちゃんとついて来てたのでひと安心。
前に別のコンパニオンを土左衛門にしちゃった過去があるからね。


skyrim_856.jpg

亡霊なんかよりもドラウグルの方が手こずりましてね。
ドラウグルの序列がどうなってんだが分からないけど、ドラウグル・デス・ロード多し。

壁際に追い込まれ、ドラウグル3体に集中攻撃されてピンチの猫。
奥でカルジョがニタリとほくそ笑んでるように見えるのは気のせいか?


skyrim_857.jpg

何とかピンチを切り抜け次の部屋へと入った瞬間、ドラウグルのシャウトで吹っ飛ばされる猫。
こんなんばっか。


skyrim_858.jpg

途中で入手した碧水晶の爪を使って扉を開ける。
この仕掛けも懐かしいな。
爪って、全種類集めても何もないのかしら?


skyrim_859.jpg

扉の先でボスのラーゴットと戦闘。
ドラウグルも4体ほど出てきたけど、先に3体片付けて、残りの1体はカルジョにまかせる。

今ごろになって分かってきたけれど、ドラゴン・プリーストって、この間抜けヅラの仮面被ってる人たちのことなのね。
この人たちホント強い。


skyrim_860.jpg

ドラゴン・プリーストの杖と間抜けヅラの仮面を手に入れてヘタレ将校の元へ戻ると、ストームクローク兵士と話してるのが見えたので耳を澄ましてみる。

ヘタレ将校 「杖を手にいれたら戻って来い。 亡霊がいるけどお前なら大丈夫」
ストームクローク兵士 「俺、亡霊嫌い。 考えさせて」

むむむむ? 私に言ったのと同じこと言ってないか?


skyrim_861.jpg

近づくと 「……待て……今説明するから」 と言いつつ襲い掛かってくるヘタレ将校。
ジャーナル見たら、奴に裏切られたから殺せと指示あり。
兵士をだまして遺跡に送り込んでたらしい。

ならばと剣を引き抜く……までもなく、ユニコーンに蹴りを入れられ吹っ飛ぶ将校。
ついでにストームクローク兵士も吹っ飛ばされてた。
お見事!!

奴が持ってたメモに、仮面をラビリンシアンに持っていけとあったので、気が向いたら行ってみようと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。