PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM見聞録:Dawnguard ]

SKYRIM見聞録:Dawnguard 09- 死の超越

dawnguard_079.jpg

やはりソウル・ケルンはブラックリーチ並みに広かった。
ウロウロしてたらジウブという人物から声をかけられた。 正確には魂だけど。
この人、私が指摘するまで死んだことに気付いてなかったよ。
話を聞いてみるに、彼はモロウィンド (前々作?) で活躍してた人みたい。
現在、壮大な自伝を執筆中だとか。

ジウブ 「失くしちゃった原稿10枚、探してきてちょーだい」
……お主の自伝、読みたかったけど(棒)残念だ。 じゃーな!!


dawnguard_080.jpg

セラーナの話だと、魂石の中の魂は消費されたあとソウル・ケルンに送られるらしい。
死霊術師はソウル・ケルンに魂を送る見返りとして力を得ているんだそう。
ということは、ここで時折り見かける魂は皆さん魂縛されちゃった方達なのか。

それにしてもセラーナがお喋り過ぎて少し煩わしい。
会話中、セラーナの独り言がでかくて相手の声が聞こえなかったり、字幕がかぶったり。
いや、セラーナのことは大好きですよ。


dawnguard_081.jpg

長いこと彷徨い、やっと会えたセラーナのママ。 障壁で閉じ込められてた。
感動の再会やねと思ったら、なんだか二人険悪な様子。
ヴァレリカは娘がこんなとこまで来たことを怒ってるみたいだし、セラーナは両親が自分のことを道具にしか見ていないと嘆いてるし。
まぁ胸の内を吐露し合うことでわだかまりも解け、ママさん協力してくれることになりました。

んで、ヴァレリカの話を整理。
・ヴァレリカの持つ星霜の書には 「コールドハーバーの娘の血がドラゴンを失明させる」 とある
・コールドハーバーの娘とはモラグ・バルの試練を生き延びた者 ⇒ ヴァレリカとセラーナがそう
・つまり、アーリエルの弓でセラーナを射れば予言は現実のものになる
・ハルコンに見つからないよう、セラーナと星霜の書を墓地に隠した (なのにここに来やがって)
・この世界の管理者であるアイディール・マスターにかくまってもらう取引をしたが騙された
・結果、このザマである


dawnguard_082.jpg

遺跡を取り囲む障壁を取り除かないことには星霜の書を手に入れることができないので、障壁を作り出しているという番人を倒しにセラーナと二人で出発。

番人目指してこの広いエリアを駆けずりまわってる途中で馬の頭蓋骨を発見、それをあるべき場所に戻したら、アルヴァクという馬を召喚できるようになりました。
いやーこりゃ便利、こりゃ嬉しい。
ちょっとゴツゴツしててお尻痛そうだけど、これで探索がずいぶん楽になるね。


dawnguard_083.jpg

番人は全部で3人。
でかいし、手強い。 一撃で体力ごっそり持ってかれる。
アルヴァクで突っ走ってきたせいで助っ人セラーナが迷子になっちゃったので、ここはドレモラさんを召喚して加勢してもらう。

ドレモラ・ロード 「弱き者の臭いがする……」
いやいやいや、アンタ結構押されてたでしょ。

番人たちはDLCで新たに追加されたドラゴンの骨の武器を持ってました。
もうちょいカッコよければカルジョに持たせたのに。

3人倒してヴァレリカが待つ遺跡へ。


dawnguard_084.jpg

障壁が消え、星霜の書がある場所へ案内してくれるというヴァレリカの後について行くと、突如ダーネヴィールという名のドラゴンとアンデッドたちに襲われる。
ザコ (といってもまぁまぁ強い) はヴァレリカたちに任せて、私はドラゴンに集中。

とりあえず地上に降ろすべとシャウトかましたら前方にダッシする猫。 シャウト選ぶの忘れてた。
充填されるまでクロスボウでプスプスし、再度シャウト、そして高速ダッシュ。 また忘れた。
こんなくだらないことを繰り返し、結局地上に降ろすことなく成敗。 アホや。


dawnguard_085.jpg

3つめの星霜の書 (血) を手に入れました。
ちなみにセラーナが持ってた星霜の書は 「太陽」 で、司書から買い戻したのが 「竜」。

これでもうここに用はないので帰りますが、ヴァレリカはここに残るそう。
彼女もコールドハーバーの娘なので、戻れば予言実現の可能性が高くなっちゃうしね。
ハルコンを倒したら迎えにくるとヴァレリカに約束。


dawnguard_086.jpg

遺跡を出た所でさっき倒したはずのダーネヴィールがお待ちかね。
そういやヴァレリカがダーネヴィールは復活するみたいなこと言ってたかも。

ダーネヴィールは 「我を倒すとはお主やりおる」 と名誉ある称号を私に授け、不幸な身の上話を淡々と語り始めました。 ここは飲み屋か。
ヴァレリカ同様、アイディール・マスターに騙され、ここで永遠にヤツに仕える羽目になったんですと。
外の世界が相当恋しいらしく 「シャウト教えるから時々呼び出して」 と頼まれました。
あはっ、なんか可愛いやつよのう。


dawnguard_087.jpg

帰る前に、抜き取られた私の魂を忘れずに回収。
このでっかい石に近づくとものすごい勢いで体力吸収されちゃいますが、ソウル・ケルンに生えてる魂のハスクという気持ち悪いのを食べると10秒程防げます。
たんまり収穫してたのに食べるの忘れて吸われてますけど……。


dawnguard_088.jpg

外の世界に戻ってきた所で、早速ダーネヴィールを呼び出してみたけど、えーっとぉ……こんなんだったっけ? 顔どこ?

ダーネヴィールから新たにソウル・ティアリングというシャウトを教えてもらいました。
そのまま立て続けに2回召喚し、シャウトの最終段階まで習得。
3段階目で発動すると高ダメージ・魂縛・蘇生となかなか強力なので今後使う機会も増えそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。