PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM見聞録:Dragonborn ]

SKYRIM見聞録:Dragonborn 03- スコールの運命

dragonborn_022.jpg

あれから元の世界に戻る扉はないかとしばらく探し回り、正解が単に黒の書を読むことだと知った時の私の脱力感、ふて寝しました。
聖堂から外に出てみれば、一緒にスコール村に行くはずのフリアはどこにもいないし。

気分を変えるため、スコール村に行く前に小さい依頼をひとつ片付けました。
スケベゴリラの兄弟 (名前何だっけ?) が盗まれた 「骨削の製法」 というのをどっかの洞窟にいた盗っ人から取り返して兄弟に返却。 盗っ人死んでましたけど。
お礼に家の地下室の鍵をプレゼントされ、好きなだけ持ってけと太っ腹な言葉をいただきました。

で、早速地下室に行って物色してみたのですが、品揃えがどことなく盗品っぽい。
そしてこの大量のスイートロール。
も、もしかして……?


dragonborn_023.jpg

遅ればせながらスコール村に到着。
呪術師のストルンほか、数少ない正気の皆さんが村にバリアを張り続けている模様。
そのうちの一人に声をかけてみた。

そのうちの一人 「集中を乱さないでください」
すいません……・。

ストルンに相談した結果
・言い伝えではミラークもドラゴンボーン
・ドラゴンボーンでありながらドラゴンを信仰 → 反逆 → 返り討ち → 完全に死んでおらず
・今回の出来事は過去にミラークが得た知識によりもたらされている
・同じドラゴンボーンならその知識を使って良い方向に導けるかも
・奴が学んだシャウトを習得し、風の岩に当てて来い


dragonborn_024.jpg

というわけで、言葉の壁があるサエリングズ・ウォッチへやってまいりました。
すでにサーペントドラゴンとドラウグル一味が戦闘中。
お互いの体力を削ってくれればあとが楽、うひゃひゃーと眺めていたら


dragonborn_025.jpg

知らぬ間に後ろに降り立っていたドラゴンに頭を咥えられ、そのまま崖下に放り出されました。
作戦失敗……。

気を取り直して普通に戦闘に加わり、普通に勝利。


dragonborn_026.jpg

ドラゴンソウルを吸収しようとドラゴンに駆け寄ったら、なぜかミラークが出現。
ミラーク 「痛みについて考えたことは? 魂を奪われる痛みを!」

一瞬躊躇して足を止めてしまった私の前で、ドラゴンソウルを吸収し出すミラーク。
ミラーク 「このドラゴンの魂は私のもの。 Bye Thank You!」

まさかの横取り。
いいけどさ。 まだドラゴンソウルの在庫あるから別にいいけどさ。
セコすぎる……。


dragonborn_027.jpg

誰もいなくなったところで言葉の壁でシャウト 「服従」 を習得。
説明によると、動物や人間やドラゴンを命令に従わせるシャウトらしい。

シャウトはクエストの流れで取得するぐらいで積極的に取りにいってないから第2段階止まりなのがちらほら見られる。
大体8割くらいは習得できてる状態。
シャウトの項目見ていたら全部埋めたい衝動に駆られたので、今度言葉の壁巡りでもしようかな。
MODでお遍路ルックとかないかな?


dragonborn_028.jpg

怪しい祠は緑色の光の柱が立っているので見つけやすくて便利。
スコールの村人がいる風の岩。
話かけたところで返答がないのは分かっているので、すぐさま覚え立てのシャウトを祠にかます。


dragonborn_029.jpg

祠は壊れ、村人は正気に戻り、そしてルーカー・センチネルという化け物が登場。
でかい。
こやつも触手でペチペチ、いやバシバシ叩いてくるわ、足で踏みつけてくるわ。 激しい。
このDLCは触手がテーマですか?


dragonborn_030.jpg

スコール村に戻り、ストルンに報告、以下まとめ
・風の岩を浄化できたのだから、他の岩も浄化できるはず
・岩は風、水、大地、獣、太陽、樹の6つ
・樹の岩は聖堂内に封じられているので今は無理っぽい (フリア談)
・ミラークを完全に止めるには、奴が学んだ知識を学ぶこと → 黒の書とか
・黒の書についてはダークエルフのネロスが詳しそう (1冊所持)
・邪悪な黒の書に関わりたくない by ストルン

はいはい、ネロスに会いに行ってきますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。