PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM見聞録:Falskaar ]

SKYRIM見聞録:Falskaar 02- ファルスカールへようこそ

falskaar_011.jpg

えーっと、どこかにワープしました。
といっても見た感じ元居た場所とソックリだけど。
キョロキョロしてたらオルヴィルという男性が駆け寄って来た。

オルヴィル 「輝く門を通って来た者は旅人、すなわち災厄の始まりを意味する」
え、マジで? 毎度毎度、ネコ、疫病神みたいになってるんすけど。

本来、拘束すべき案件なんだそうだけど、メカイアスとかいうノルドを探している最中だから手伝えば良いようにしてくれると言ってるし、このままじゃ目の前の鉄柵を開けてもらえず閉じ込められたままになってしまうので、快く人探しに協力することにしました。


falskaar_012.jpg

メカイアスは多分ここにいるだろうということで近くのブリットルラン洞窟を探索。
敵は山賊なんだけれどかなりしぶとい。
1人を相手に3人がかりで挑んでもなかなか死なないんすよ。


falskaar_013.jpg

山賊たち、接近戦になると何故かネコを無視するんですよね。
ネコが目の前に立ち塞がっても方向変えてカルジョやオルヴィルに向かっていくという。
なんだかムカついてちょいちょい野生味溢れる顔が出てしまいましたの。


falskaar_014.jpg

山賊やっつけてひと段落、後ろでカキンカキンと音がするので振り返ると、カルジョとオルヴィルが戦闘中。
なんでぇ?
カルジョの攻撃当たっちゃったとか?
これもしかして従者連れてきちゃうと面倒なパターン?
仕方がない、ワープする前からやり直してカルジョ置いて来ようと思ったら、うっかり上書きしちゃってたらしくて、結局オルヴィルと会ったところからやり直し。
このあとカルジョの攻撃がオルヴィルに当たらないよう気を使いながらプレイ。


falskaar_015.jpg

メカイアス、山賊に捕まって檻の中に放り込まれてました。
檻から出してあげる。

メカイアス 「山賊はイングヴァールの為に動いている。 何かを探している」
イングヴァールって何なのか分からないけれど、これ相当重大で深刻なことらしいよ。


falskaar_016.jpg

「とりあえずお前は家で休んどけ」 とオルヴィルに言われ、檻に戻っていくメカイアス。 おいっ。

オルヴィルは巡回があるらしく、私だけでアンバー・クリークという町にいるアグナー首長にこの事を報告しに行くことになりました。


falskaar_017.jpg

アンバー・クリークに向かう途中、ふと気づいたけど、この島ってMODだったんだよね。
あまりの違和感の無さ、精巧さにMODだってこと忘れてたわ。


falskaar_018.jpg

アンバー・クリークに到着~。
リバーウッドのような雰囲気。
衛兵たちにもちゃんとセリフがあるのだ。


falskaar_019.jpg

アグナー首長にご対面&ご報告。

アグナー首長 「なぁ~にぃ~、戦争始まっちゃうかも!」

感謝されつつ、頼まれごと1つ。
今は引退しているけれど、昔は賢者と宮廷魔術師として仕えていた修道士の一団に会いに行って、イングヴァールのことを聞いてきてほしいと。
それはいいけど、イングヴァールって何よ。


falskaar_020.jpg

彼女の名はヤルマ。 リフテンにいたおっちゃんの名はヤルマー。 紛らわしー。

彼女、土地とか家とかを管理してるって言うんで、この街の家を購入したいと申し出てみたけれど、知らないやつには売れないと言われました。
そんな知らないやつにいつも頼み事するくせに、こんなときだけシビアなのね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。