PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 03- 嵐の前

skyrim_018.jpg

レイロフが彼の妹に会いに行けというので向かっている途中、大守護石発見。
どうやら石碑を作動させると恩恵を受けられるらしい。ただし一度に一つだけ。
ここにあるのは戦士の石碑・魔術師の石碑・盗賊の石碑で、それぞれに関係するスキルが20%速く習得できるらしい。

さてどうしようか。
まだキャラの方向性を決めてなかった。
前作は軽装・片手武器特化の脳筋で、魔法なんて回復ぐらいしか使ってなかった。
錬金にいたってはやった記憶が全くない。

毎回同じというのはつまらないので今回は違う感じでやってみたいのですが。
例えば魔法重視とか。
オブリのときはキーボードで魔法詠唱というのが私にはやりづらかったけれど、今回は右手と左手にセットして使うみたいだし大丈夫かもしれない。


skyrim_019.jpg

ファイヤー!
面白い。
なんとかいけるかも。


skyrim_020.jpg

魔術師の石碑を作動させました。
とりあえず魔術特化でがんばってみようと思います。とりあえず。


skyrim_021.jpg

大守護石のとこでファイヤーファイヤーやって遊んでたら、リバーウッドの町に着くころにはすっかり明るくなってました。


skyrim_022.jpg

町に入るといきなり「顔色悪いよ」と言われる。
あんたもね。

このスヴェンとかいう男に頼まれ事をされちゃいまして。
町にいる絶世の美女のことが好きだけど、ファエンダルという男も彼女が好き。
で、恋敵を潰すため、ファエンダルが書いたと思わせる偽の手紙を彼女に届けろと。
変なこと書いてあるんだろうね。

後回しにしよう。 まずはレイロフの妹さんのとこへ。


skyrim_023.jpg

レイロフの妹のジャルデュルでーす。
ジャルデュルって言いづらいわー。 顔こわいわー。 白目剥いてるわー。

彼女からは、ホワイトランの首長にドラゴンのことを伝えてリバーウッドに兵士を派遣するよう要請してきてほしいと頼まれました。
そんな大事な役目、見知らぬ猫に頼んでいいのかね。


skyrim_024.jpg

ジャルデュルから家の鍵を渡され、好きに使っていいと言われたので、「ここだな」と家の扉を開けたらお店でした。 間違った。


skyrim_025.jpg

中にいた女性に話しかけると、彼女が噂のカミラでした。
そう、あの美女といわれる……そう、あの……。

ちょうどカミラに会えたのでスヴェンの手紙を渡す。
「これ、スヴェンが書いたニセモノの手紙だよー」とスヴェンの策略をばらす。
彼女からお礼を言われ、ファエンダルにも教えてあげてというので探しに行く。


skyrim_026.jpg

いた。
結構、年配のエルフ。いや年配に見えるだけなのか。
スヴェンの悪巧みを教えると、お礼にお金をくれた。
ファエンダルは弓のトレーナーでもあったので、ついでに訓練をお願いしました。


skyrim_027.jpg

訓練代金をスリ戻そうとしたけど、思いっきり見つかってるわ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。