PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 94- 目覚めの悪夢

skyrim_826.jpg

あまり思い入れのなかった同胞団を去りまして、今はどこにも属さず完全フリーダムなワタクシ。
まずは着の身着のままで逃げたカルジョ探しへ。
ググったらカルジョのキャラバンはリフテンからドーンスターあたりを往復してると分かったので、リフテンから道なりに北上。
無事にカルジョと再会することができました。 今度は逃がさん。

メイン・ギルド系のクエストが終わったっぽいので、ちょろっと wiki とかを眺めていたのですが、あの時あーしとけばよかったとか、少々後悔するところもございました。
特にシセロ。 闇の一党に入る前にシセロ関係のクエストがあったなんて。
なんてもったいない。 やりたかった。


skyrim_827.jpg

さて、これからカルジョと2人気ままな旅が再び始まるわけですが、今日のところは軽めの依頼で済ませたいと願いつつ、近くの街ドーンスターへ。
とりあえず一晩寝てから仕事を探そうと宿屋に入ると、何やら数人が集まって騒いでいる。

中央にいるエランドゥルというマーラの司祭に聞いたら、デイドラの王であるヴァーミルナがドーンスターの人々の記憶を欲していて、代わりに悪夢をもたらしているのだそう。
この悪夢ってのが咳1つで深刻な病になるくらいヤバイものらしい。

悪夢を慢性化させる前に終わらせなければいけないねとエランドゥル。
それにはヴァーミルナ崇拝の地であるナイトコーラー聖堂に行かなければねと。
で、案の定手伝うはめになりました。
デイドラ関係は面倒そうだから後回しにしたかったのに……さっさと歩きだすエランドゥル。

エランドゥル 「私について来い! かもーん!」


skyrim_828.jpg

途中トロール3体に襲われながらもナイトコーラー聖堂に到着。
誰かについて目的地まで行くってのはじれったいね。
走ると追い越しちゃうし、歩くと離されちゃうし。

中に入る前にエランドゥルからの注意事項
・何年も前、悪夢に苛まれていたオークの集団がここを襲撃
・オーク強すぎ ⇒ ヴァーミルナ司祭らがミアズマと呼ばれる催眠ガス放出して全員眠らす
・ミアズマに長くさらされると精神崩壊する
・これから封印解くけど、連中が目覚めて襲ってくるかもよ by エランドゥル


skyrim_829.jpg

眠りから覚めたオークとヴァーミルナの司祭を倒しつつ聖堂の中を進んでいくと、障壁が邪魔して進めない場所にぶち当たる。

図書館でなら何か分かるかもとエランドゥル。
彼がこの場所に詳しいのは、昔はヴァーミルナの司祭だったからで、オークが攻めてきたとき、怖くなって仲間を置いて逃げてしまったと白状してましたわ。
で、聖堂の中にある図書館へと移動。


skyrim_830.jpg

「夢中の歩み」 と呼ばれる錬金術の本を探してこいと言われて持っていくと、今度は不活性薬とやらが必要と言うのでその辺を探してエランドゥエルに渡す。

不活性薬を飲めば、夢を利用して現実世界の遠く離れた場所へ移動できるんだそう。
すでに話についていけてませんが、要は他人の記憶を見ることができるということらしいっすよ。
でね、この不活性薬が効くのはヴァーミルナの司祭か部外者のみ。
マーラの司祭に効果はないと言うので、猫が実験台に。
まーそうなるわな、他に人いないし。

危険だ、死ぬかもしれないと再三に渡って抗議してみたけど、「ここ何十年も飲んだ者はいないが、害悪が及ばぬよう最善を尽くす」 とエランドゥル。
仲間見捨てた前科があるだけに信じられぬ。


skyrim_831.jpg

意を決して一気飲み。
次の瞬間、10年以上前のオーク襲撃時にワープ。
2人の司祭が何やら話しこんでいる。 そして私はカシミールと呼ばれている。
ジャーナルの説明によるとヴァーミルナの司祭の夢の中に移動したということみたい。

障壁を作動させてミアズマを放出するよう言われたので、現実世界で障壁があった場所まで走る………………走るんだけども苦手な一人称視点に固定されて、どこ走ってるのか分からない。
そして気持ち悪い……。


skyrim_832.jpg

やっと辿り着いて輪っかを引っ張ってミアズマ放出。
次に置いてあった魂石を取って障壁を取り除く……と同時に現実世界へカムバック。

ふむ……私に理解力がないせいでこの一連の行動の意味が分からない。
ミアズマなんて放出しないであのままオークたちに襲わせとけば、そこで全て終わったんじゃない?
あ、でも戻って来れないとかあるのかしら? わからん。

エランドゥル 「う、上手くいったな。 姿が消えたのなんて初めてだけど……(゚_゚i) 」


skyrim_833.jpg

で、障壁の先へと進むとエランドゥルの昔の仲間2人と遭遇。
3人の話を聞いてみますと、どうやら2人組は夢の中で話し込んでた司祭でして、エランドゥルは過去の名をカシミール、つまり私はカシミールの夢の中にいたということらしいっす。
この後、裏切り者であるエランドゥルは2人に襲われておりました。
ついでに私も。 というか私メインで襲われました。 なんでぇ?


skyrim_834.jpg

エランドゥルがマーラの儀式をするとかで、猫黙って見てるよう言われました。
「堕落のドクロ」 という杖が元凶らしく、これをオブリビオンへ葬り去ろうとしております。

ぼーっと眺めてたらヴァーミルナが話しかけてきまして、「奴はお前を欺こうとしてるから殺される前に殺しなさい」 と命令されました。
ここでエランドゥルの儀式が終わるのを待つか、デイドラに従うかの選択があるのですが、デイドラクエストはデイドラに従ったほうがいいかなと思い、エランドゥルとサヨナラしました。
堕落のドクロも手に入ったけど、ワタシ杖なんて使わんわ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。