PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 93- 死者の栄光

skyrim_818.jpg

コドラクの葬儀を終えたあと、コドラクが所持していたウースラドの最後の破片をコドラクの部屋から回収し、鍛冶屋のおっちゃんに渡しに行き、サークルの秘密の会合に遅れて参加。
議題はウェアウルフを治療したがっていたコドラクについて。
そして、猫無視でコドラクの望みを叶えてあげようという結論に達しました。


skyrim_819.jpg

魂から獣を分離する儀式を行うため、イスグラモルの墓へ全員移動。
ここにはイスグラモルと共に同胞団の初期メンバーである優れた戦士達も眠っているそうです。
イスグラモルの像に鍛冶屋のおっちゃんが修理してくれたウースラドを持たせると奥の扉がオープン。
ヴィルカスは何か悲嘆に暮れてるらしく、ここで待ってると言うので、ファルカスとアエラと私の3人で進んでいくことに。
今ごろ気付いたけど、ヴィルカスとファルカスって名前も顔も似てると思ったら兄弟だったのね。


skyrim_820.jpg

どこからともなく現れる同胞団の亡霊たちにフルボッコにされる猫。
敵を分散させたいのにファルカスもアエラもすぐ膝ついてウーウー言うから、敵がみんなこっちに集まってきちゃうという。
しかも私の武器は同胞団に入ってから使い出した慣れない両手武器。
もちろんスキルも低いのだ。
そして亡霊たちメチャ強い。
泣きそう。


skyrim_821.jpg

床磨きに忙しいアエラ。
ファルカスは 「蜘蛛が苦手で進めなーい」 とか乙女なことぬかしおって入り口まで引き返して行きました。
ワシだって嫌じゃわい!
もう仲間はいないものだと思うことにいたします。


skyrim_822.jpg

同胞団の亡霊 「死をお前にくれてやる!」
えぇ、えぇ、何度もいただきました。
それでも何とか亡霊たちを倒し進んでいきます。


skyrim_823.jpg

最奥で焚き火してるコドラクに会うことができました。
コドラク曰く、ハーシーンに見つからないように仲間の導き手たちと一緒に温まってるそう。
彼しか見えないのは私が彼のことしか知らないからだそうで、今みんなが私を見ているのだとか……あらやだコワい。

コドラクにまだ助かる見込みあるよと言うと、魔法を解くために魔女の首を火の中に入れてくれと。
そういえば私、魔女の首持ち歩いてたんだっけ。
気持ち悪い。


skyrim_824.jpg

火の中に魔女の首を1個放り込むと、コドラクの体からオオカミの霊魂が分離。
オオカミの霊魂を殺すことでウェアウルフから解放され、魂は清められるようです。
そのオオカミと戦ったのは勿論この私。 完全に人任せだな、コドラク。
倒した後、コドラクから感謝され、同胞団の新しい導き手に指名されました。
私、もうすぐ同胞団去るけどね。

魔女の首をもう1個持ってたので試しに放り込んでみたら、自分のウェアウルフも治療できたので、現在はただの猫に戻っております。


skyrim_825.jpg

さてと、これにて同胞団も一応は終了となったのでしょうかね。
メインクエスト、ウィンターホールド大学、盗賊ギルド、闇の一党、同胞団、内戦クエストとだいたいのところは終了しましたが、デイドラ関係や街などのサブクエストもまだ残っております。
あとの残りは気が向いたときにチョコチョコとプレイしていこうかと思っております。