PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 108- 待機する悪漢

skyrim_951.jpg

マルカルス南東に位置するヴァルスムという場所に来ております。
ダンジョンに入って早々、ヴァルダーという幽霊に話しかけられまして、悪の復活を防ぐ手伝いをして欲しいと頼まれました。

ここはヘブノラークというドラゴン・プリーストのお墓でして、近いうちに奴が復活するのではないかとヴァルダーは恐れているようです。
奴が力を取り戻す前に何とかしたいと。


skyrim_952.jpg

それにはまず、お墓にある3つの透明な容器が必要ということで取りに行くことに。
この容器があるとヘブノラークは回復してしまうのだそう。ふ~ん。

ここの敵はドラウグル系。
というかドラウグル・デス・ロードしか見てない気がする。
奴らとの戦いには慣れてきましたが、武装解除くらって武器を失くしてしまうのがコワイです。
前にカルジョがやられてて、しばらく気付かなかった過去があるもんで。
あの武器、高かったのにさ……。


skyrim_953.jpg

デイドラ装備が入ってないかと宝箱を一応チェック。
宝石類ばかりにガッカリして蓋を閉じたら、上から大きな蜘蛛が下りて来ました。
マジ、ビビりましたわー。


skyrim_954.jpg

最近愛用しているメリディア様からいただいたドーンブレイカー。
この武器、炎ダメージ以外に、アンデットを爆発で吹っ飛ばすことがあるんですが、この衝撃が凄まじくて、そのへんのアイテムなんかも吹っ飛んじゃうんですわ。
たまに飛んできた桶とか頭にあたってダメージ食らったりしてます。

つまり……目的の透明な容器を探す手間が増えたってことですね。 自業自得。


skyrim_955.jpg

もうさすがに無いだろと思っていた爪の鍵。
まだありました。
これって、こんなにデカかったっけ?
黒檀やサファイアなどの高そうな素材が続く中、ここにきて鉄の爪とか。
なんか、テンション下がるなあ。


skyrim_956.jpg

鉄の爪を取って歩き出したら、後ろで炎が激しく噴き出す音がする。
わたくし、今回は知らぬ間に回避したようです。
……まあ、1匹ほどアレですが……


skyrim_957.jpg

ヴァルダーから、容器の中身を燭台の中に注いでから玉座に座るよう言われる。
見えないけどカルジョの手前に猫座ってます。
3つの容器の中身はヘブノラークの血。
この容器を空にし、弱った状態のままのヘブノラークを解放して倒すという計画。

言われた通り、玉座に座ってヴァルダーの行う儀式を見ていると、遠くでヘブノラークが登場。
そして倒れこむヴァルダー。 どした?
これ、倒しに行ったほうがいいんだよね? と暫し考え込んでから腰を上げる私。
よっこらしょと。
なぜ玉座に座らされたのかナゾ。


skyrim_958.jpg

ヘブノラークはそんなに強かったというわけではないのですが、追いかけるとチョロチョロ逃げ回って攻撃が当てづらかった印象があります。

奴を倒すと、ヴァルダーはやっと休めると言い残して消えてゆきました。
そして間抜けヅラの仮面は私の物に。
疾病と毒の無効効果付き。
地味に欲しい効果ではありますが、あのビジュアルはどうしても受け付けない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。