PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 42- 恐怖の館

skyrim_390.jpg

マルカルスは階段が多い上に道が入り組んでいて、街の中でよく迷子になってる私です。
近道しようと階段からジャンプし着地に失敗してる私に、ステンダールの番人と名乗る男が声をかけてきました。
右端にチラッと見えている家がデイドラの崇拝に使われているのではと疑っており、何か知らないかと尋ねられたので知らないと答えると、一緒に中に入ってくれと頼まれました。
一人で行けや。


skyrim_391.jpg

クエストが発生し、男がさっさと家の中に入ってしまったのでしぶしぶ後に付いていく。
中は生活臭が漂う普通の家。
奥にある鍵のかかった扉の前まで来ると、番人が 「これは普通のデイドラではない」 と取り乱し、逃げた。
家の中は薄暗くなり、物が飛び交うポルターガイスト状態に。

私も御いとましましょうかと玄関に向かったら、ここも鍵閉まってた。
私達3人、閉じ込められちゃいました。


skyrim_392.jpg

直後 「奴を殺せ」 と声が響いたのですが、放っておいたら番人に攻撃されました。
私だけに聞こえたわけじゃなかったのね。
ジェイ・ザルゴが全て片付けてくれました。
私は構えてさえいない。 完全に人任せ。


skyrim_393.jpg

ご褒美あげるよ~との声にノコノコと先ほどの扉の奥まで進んでいく。
そこには支配の王モラグ・バルの祭壇がありました。

モラグ・バル 「そう簡単に褒美やるわけねーだろ!」
Σ(゚д゚lll)

あのですね、宿敵であるボエシアの司祭がこの祭壇を汚したとかで、連れてきて浄化してほしいんですと。


skyrim_394.jpg

その司祭というのはディベラのシビル後継者である少女が捕らえられていた場所とまったく同じ場所にいました。
背景と同化してますが、扉の中に座ってます。
先日ここにいた敵を一掃したばかりなので、もちろんここに敵はいないはずなんですが、この人、全開の扉の中で何やってんだろう? 一応縛られてたみたいだけど。
モラグ・バルに頼まれたと言うと 「よし行ってやろうじゃないか」 と挑戦的な態度。


skyrim_395.jpg

で、祭壇のところまで連れてきたのですが、会話を聞いてるとモラグ・バル VS ボエシアの信者みたいな闘いが起こっているようでして、それなら勝手にやってくれと傍観してたらモラグ・バルに悪の心で錆び付いたメイスを渡され、司祭を痛めつけるよう命令されました。
身を丸めてジッと耐える司祭に殴りかかるのはものすごーく嫌でしたが、これをやらなきゃクエスト進まないのでイヤイヤ殴りましたよ。


skyrim_396.jpg

最終的にモラグ・バルに降参し、ボエシアへの信仰を捨てた司祭。
これでクエスト終了かと思いきや今度は司祭を殺せとの命令。
もういやだ……。
どうしても殺さなければならないのなら、トゲトゲメイスではなくせめて凍死で。
後ろでジェイ・ザルゴが余計な援護。 私に当たってるし。

司祭がお亡くなりになったあと、スタミナ・マジカダメージ+魂縛のメイスを貰いましたが、終始なんとも気分の悪いクエストでした。


skyrim_397.jpg

後味の悪さを和らげようと宿屋に入れば、主人と奥さんの口喧嘩。
ここも落ち着けないわ……。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。