PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 39- ディベラの心臓

skyrim_362.jpg

前回のデイドラクエストで訪れたマルカルスに戻ってみました。
ディベラ聖堂の女司祭が儀式中みたいなこと言ってたので、行けば何か起こるかもという期待を込めて。

ディベラ聖堂の中に鍵がかかった扉があったので、開錠して進んでみました。
前に会った女司祭の前で開錠しても、特に何も言われず。


skyrim_363.jpg

ですが、中の人たちに怒られました。 すっげー怒られた。
懲役しろとまで言われました。
私この聖堂で怒られてばっか。
まぁ通常は一定期間の懲役なんですが、今は早急な用事があるみたいで、それを手伝うことで許してもらえることになりました。
思惑通り、クエスト発生。

内容は、シビルが亡くなったので後継者の少女を探して連れて来いというもの。
シビルというのは、女神ディベラの声を聞くことができる者だとか何とか。
預言ではその少女はカースワステンの村に住んでいるというので早速行ってみます。


skyrim_364.jpg

カースワステンに到着。
このおっちゃんの名前がラグナルっていうんですが、よく吟遊詩人が歌ってる 「赤のラグナル」って関係あるのかな?


skyrim_365.jpg

少女のパパ発見。
しかし少女はフォースウォーンという者たちに連れて行かれたという。
お宅の娘がディベラのシビルだと告げると、意外にもあっさり受け入れました。
これから離れて暮らすことになるというのに、よほど光栄なことなんだね。
娘の救出に一緒に行くと言いだしたのですが、それはご遠慮願いました。


skyrim_366.jpg

少女が連れ去られたブロークン・タワー要塞。
ジェイ・ザルゴ、頼りになる奴。
敵はフォースウォーンの一味なんですが、倒してもいいもの持ってないんですよね。
ここに限らず、最近はゴールドと薬ぐらいしか取ってないかな。
わざわざ安物取って売るのが面倒くさい。


skyrim_367.jpg

昔、トゲトゲ扉の餌食となり瀕死の経験をした猫。
スイッチ踏まないよう気をつけたのに、ジェイ・ザルゴに踏まれて、2人揃って大ダメージ。
そんなことが2回あったので、ジェイ・ザルゴが踏まないよう端っこ歩いてます。
コンパニオン連れてるときは色々と気をつけないと。
トラップにひっかかって、後ろで床這ってたりするしね。


skyrim_368.jpg

奥でフォースウォーン・ブライアハートを倒す。
これ一応ボスなのかな。
顔面に思いっきり氷ささってるけど、最近はこれぐらいじゃ何ともない。


skyrim_369.jpg

檻の鍵を開けて、おっさん顔の少女を救出。
少女にディベラのシビルであることを告げると、こちらもあっさり受け入れた。
この少女を聖堂に連れて行く前にパパに会わせてみたけれど、「じゃあ行って来る」「あぁ行っといで」 みたいな、なんともあっさりし過ぎる親子。


skyrim_370.jpg

少女を聖堂に送り届けると、女司祭からディベラの祝福を受けるよう言われました。
祭壇で跪くと、というより何か飲んでたけど 「ディベラの使徒」というのが追加されました。
異性に対する戦闘ダメージがアップする効果がついたみたい。
へたに杖とかもらうより数百倍嬉しい。

しかし、もともとは罪を帳消しにするために動いていたのに、恩恵までもらっちゃっていいのかね、わたし。