PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 38- 思い出の夜

skyrim_353.jpg

「起きなさい! この飲んだくれの冒涜者!」

いきなり怒られ、何がですか? ここはどこですか?状態。
ウィンターホールドの宿屋でアズラの星から生還したあと、そこの客のサムという男と酒飲み勝負をして勝ったことまでは分かっている。
そして今ここで知らない人に怒られてる猫。

こちらの女性の話をよくよく聞くと、わたくし、酔って彫像に抱きついたり、この聖堂中にゴミを撒き散らかしたりしたそうで……。
すっげー迷惑かけてんじゃん。
聖堂を片付け、女司祭に謝罪をして、ついでに何か知ってませんかね?と尋ねてみる。
するとロリクステッドがなんたらって言ってたわよ、と言うのでそこに向かうことにします。
ちなみにここはマルカルスのディベラ聖堂。


skyrim_354.jpg

マルカルスを出ようとしたとき、目の前で殺人事件発生。
見づらいですがジェイ・ザルゴの後ろで女性が死んでいます。(ジェイ・ザルゴも見づらいですが)
ここ初めて来た場所なのに第一印象が悪くなっちゃったね。

今度こそマルカルスを出ようとしたとき、エルトリスという男から落し物だとノートを渡されました。
これ私のじゃないから。
エルトリス 「いーや、絶対にあ・ん・た・の!!」
わかったよ……。


skyrim_355.jpg

ロリクステッドで聞き込み調査。

男 「うちの娘をさらって巨人に売り飛ばしやがって!!」
また怒られたよ。 ってか犯罪じゃん、それ。
聞けば娘というのはヤギのことだったので、ひとまず安堵。

ホワイトランのある女性に借りを返すというメモを残していたらしいので、今度はそちらへ向かいます。 ここまで来てもさっぱり分からない。 意味不明だわ。


skyrim_356.jpg

こちらがその女性。
婚約指輪を返したらチャラにするとか……話が見えないんすけど。
彼女の話によると、わたくし婚約してたみたい。 えーーー!!! 誰とよ!?
サムが付添人で、モルブンスカーというとこで挙式するとも言ってたらしい。

女性 「満月の日に蛍の光に包まれながら大きな木の下で出会ったのでしょう? ステキ ♪」
そんなことまで口走ってましたか。 こっ恥ずかしいったらありゃしない。


skyrim_357.jpg

ここがその挙式会場モルブンスカー。
えっ? またまたご冗談を。
中は薄暗く、血生臭い。 つーか、檻の中で血吹いて人死んでたし。
でも鍛冶設備一式揃ってたなあ。
いやいやいや、だからといってこんなとこで……


skyrim_358.jpg

大電極術師などを倒して奥に進む。
大電極術師って……もうちょっと日本語訳なんとかしてほしい。

マーカーが指す場所に着くと、いかにも異次元に飛ばされそうなモヤモヤが出現。


skyrim_359.jpg

ワープした先は霧の森。 ソブンガルデを思い出す景色だなあ。
おっ、ジェイ・ザルゴも一緒に来たね。


skyrim_360.jpg

一本道を進んでいくと、探していたサムがいた。
なんか楽しそうっすなあ、こっちの気も知らずに。


skyrim_361.jpg

サムの正体は、放蕩を司るデイドラの王子サングインでした。
これまでのことは、私を使って遊んでただけというね。
迷惑料として 「サングインのバラ」 というドレモラを召喚する杖を貰いました。
結局、猫の評判ガタ落ちしただけじゃないのさ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。