PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 26- エルダーの知識

skyrim_242.jpg

ウィンターホールド大学に来ています。
しばらく戻ることはないと思っていたんだけどなあ。

アーンゲールに星霜の書のような冒涜の書はウィンターホールド大学の管轄だと言われ、大学で本と言ったらここしかないだろうということで司書のところにきたのですが、またパン食べてますね。 どんだけ美味しいのかすごく気になってきたぞ。

星霜の書について彼が話してくれたこと
・読むとおかしくなる恐れがある
・知識の代償として視力を奪われるかもしれない
・過去と未来が記されている
・ここにあっても教えねーよ

話すうちに彼はドラゴンボーンが私であると気付き、私が助けて欲しいと頼み込むと、カウンターにそっと2冊の本を置いてくれました。
「星霜の書の効果について」と「星霜の書の考察」

「星霜の書の考察」 を読んだらデイドラ関係のクエストが発生してしまって、どうやらそのクエストを進めないとメインクエストも進まないようでして。
クエストが途中まで被ってるみたいですね。
クエスト進行中に別のクエストを同時にやるのは気持ち悪いのですが仕方ない。


skyrim_243.jpg

司書に「星霜の書の考察」を書いたセプティマスという人物について尋ねたら、今は北の氷原のどこかでドゥーマーの秘宝を研究しているというので彼を訪ねてみることに。

今回はめずらしく近場で、大学より少し北に移動するだけ。
流氷だらけで寒そうな場所だ。


skyrim_244.jpg

ダンジョンっぽくなっているのかと思ってたら、入ってすぐセプティマスはいた。
この先とくに道などなし。

星霜の書を与える代わりに、装置を使ってキューブに知識を注ぎこんできてほしいと空白の辞典というキューブを渡されました。
彼はちょっとイタイ人で言ってる意味がよく理解できなかったのですが、それ使って後ろにあるドゥーマーの機械を開けたいんだと思う。

セプティマスがポツリ。
「星霜の書の中にある世界を垣間見ると目が傷つく。あるいは心が。このセプティマスのようにな」
切ない気持ちになったよ。


skyrim_245.jpg

セプティマスの言う装置とやらがあるブラックリーチはアルフタンド氷河の遺跡のさらに奥の奥にあるらしい。
この遺跡の前に張られたテントで見つけた日記から、7人の探検隊もいることが分かったけど、もうすでに絶望的な状況であることが感じ取れる。
進んでいくと、予感どおり探検隊メンバーの遺体が次々と見つかる。
メンバーの日記を読むと、先には化け物、外に出ようにも酷い嵐で逃げ場がなかったらしい。
どんなにか怖かっただろう。


skyrim_246.jpg

氷の洞窟みたいなところを抜けると、今度は地下都市みたいなのが出現した。
螺旋状に続く通路を降りていくと途中で途切れてしまって、仕方ないので高いところから飛び降りたんだけど、別に行き方あったんだろうか。
高すぎてダメージ食らったんだが。


skyrim_247.jpg

大抵の敵は楽勝だったのですが、一箇所だけ兜をかぶったやつを含めたファルメル3匹で襲われたときは苦戦しました。
敵は倒せるけどリディアが死んでしまうという。
何度やってもリディアが死んでしまうので、別室で待機させて私一人で戦いましたわ。


skyrim_248.jpg

更に進むと怪しい機械。
奥で探検隊メンバー2人が喧嘩中。
こらこらおよしなさいと近づいたら2人で攻撃してきた。私、敵じゃないのに。

2人を眠らせてから機械を作動させる。
これがあの装置かと思ったら、ただの隠し階段だったね。


skyrim_249.jpg

階段を降りていくと目の前に幻想的な世界が広がった。

ここ、だだっ広くてねー。
迷子にならないように地図を見ながら順番に端から歩いてたんですが、リディアが敵を追っかけて急に崖からダイブして走りだしたんで、リディアを追っかけて私も走ってたら完全迷子になってしまいましてね。
地図を見ても、どこから来たのか、どこまで探索したのか分からない状態。
このとき初めてリディアに殺意を覚えました。


skyrim_250.jpg

マーカーが示すムザークの塔になんとか辿り着きました。
これが例の装置。
空白の辞典をセットし、左にある4つのスイッチを操作して作動させます。
5つあるけど、真ん中のはスイッチにあらず。

この仕掛け、スイッチを全部点灯させればいいのは分かりましたが、ちょっと悩みました。
最初は4つともスイッチが点いておらず、辞典をセットすると右2つが点灯します。
ここまではいいとして、左2つがなかなか点灯しない。
いろいろ試して、やけになって連打してたら点灯しました。
同じスイッチを何回か押すと左隣のスイッチが点灯するっぽい。

つまり、左2つを点灯させればいいので、
右から2つめ連打 ⇒ 左から2つめ点灯
左から2つめ連打 ⇒ 左端点灯
これで写真のように全て点灯するはず。たぶん。自信ない。


skyrim_251.jpg

全て点灯した状態で左端のスイッチを押すと、星霜の書が上から下りてきます。
でっかい巻物だなあ。
星霜の書を手に入れると、このクエストは完了となりました。

実は辞書のことをすっかり忘れてた私。途中で取りに戻りました。