PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 25- 世界のノド

skyrim_235.jpg

アルドゥインを倒すシャウトを教えてもらうため、グレイビアードがいるハイ・フロスガーを再び訪れました。 いつも代表して話をしてくれるグレイビアードのアーンゲール。

彼と話し、そのシャウトはドラゴンレンドと呼ばれていることが判明。
教えてほしいと頼んだのですが、彼はそのシャウトの言葉を知っておらず、教えてもらうことは出来ませんでした。

自分は教えることが出来ないが、グレイビアードの長であるパーサーナックスならドラゴンレンドについて知っている可能性があるというのでそこへ向かいます。
ここハイ・フロスガーより更に上に位置する世界のノドという場所で隠居生活してるそうです。
グレイビアードですらなかなかお目にかかれないというので楽しみではあります。


skyrim_236.jpg

中庭に出て、世界のノドへ通じる道を開けるシャウトを教えてもらう。
前方に見える石門には強烈な冷気が漂っていて、触れるとダメージ受けちゃうんですわ。
それを吹っ飛ばすシャウトです。
以前初めてここに来たときにフラっと近づいて大ダメージを受けた記憶が蘇る。


skyrim_237.jpg

教えてもらったばかりのシャウトで冷気のベールを振り払いながら上へと向かう。
こんなとこにヤギがいたよ。
このヤギ、案内してくれてるみたいに頂上までずっと一緒だったんですが、最後冷気ベールに突っ込んで即死してしまいました。かわいそ。


skyrim_238.jpg

頂上に着いたらドラゴンが舞い降りてきた。
こんなとこでドラゴンと戦闘か?!と身構えたら、このドラゴンがパーサーナックスだった。
なんと、まあ。
よく見ると可愛い。

ドラゴンレンドについて聞くと、まずはその前にと、別のシャウトを教えてくれました。
で、そのシャウトを彼に向かって放てというのですが……よろしいので?
なんか悪いなーと思いつつシャウトする。


skyrim_239.jpg

パーサーナックス 「嗚呼……feel so good……」
血だらけですが大丈夫ですか? 顔は避けたほうが良かったっすかね?

彼はドラゴンレンドのこと、昔あった出来事などいろいろ話してくれたけれど、いかんせん口調がスローで話が長すぎる。
時折り竜語を織り交ぜながら哲学的な物言いをするので正直イライラする。
後ろで欠伸しているリディアの気持ちがよくわかる。


skyrim_240.jpg

もう日も暮れてきたで。どんだけ話好き。

つまりは
・アルドゥインは古代ノルドが使った星霜の書により時の流れに送られた
・パーサーナックスはドラゴンレンドを知らない
・ドラゴンレンドは使った本人に聞くがよろし
・それには星霜の書が必要
ということかと。


skyrim_241.jpg

世界のノドから見るオーロラ。

予想外に一日仕事でした。
話を聞くだけでこんなに疲れるとはね。
明日から星霜の書を探す旅に出ます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。