PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 22- 禁じられた伝説

skyrim_207.jpg

大学の主要なクエストも終わり、己の成長ぶりを実感する今日このごろ。
そろそろ本筋のメインクエストに戻ろうかと思ってたんですが、ジャーナルを確認したらサールザル関係のサブクエストがあったのでそちらを先に片付けることにしました。

目的は、何故サールザルの遺跡の最奥にいたドラウグルが奇妙な文書を添えられ、アミュレットの一部と共に埋葬されていたのかを調べること。

このクエストは大学に入学するずっと前、どこかで本を読んだときに発生したのですが、そのときはサールザルのことには触れてなかった気がする。
考えても分からないのでとりあえずホワイトランでリディアを拾い、クエストマーカーが指すフォルガンスールというとこまでひたすら走る。

遺跡らしきものの前に張られたテントに魔術師の日記がありまして、読めばこの人、この件を調査してるようで、鍵となるアイボリー・ドラゴンの爪も収集家を殺して手にいれた模様。
このダイナスという魔術師から詳しく話を聞くためにダンジョンの中を進んでいるのですが……


skyrim_208.jpg

すでに死んでたね。
アイボリー・ドラゴンの爪と真相が書かれた彼のメモを手に入れる。

メモの内容を簡単に
・4000年ほど前、北の国の人々に崇められていたゴールドールというアークメイジがいた
・バカ息子3人はパパを殺し、彼の力の源であったアミュレットをゲット、3人で分けた
・力に溺れた3兄弟に鉄槌をくらわすために上級王が魔闘士集団を送り込む
・3人バラバラの地で果て、封印される
・ゴールドールと3バカ息子に関する全ての記録は上級王によって抹消された
・アミュレットを復活させ手に入れるのはこのワシ うひゃひゃ by ダイナス

アミュレットを復活させるためには、3分割されたアミュレットがいるのですが、すでにひとつは長男ジリクが封印されてたサールザルで手に入れているのであと2つ。

ここフォルガンスールは三男ミクルルが封印されている場所らしいです。
ミクルルって何かかわいい。


skyrim_209.jpg

下へと降りる階段は鉄格子で蓋をされていますが、この場所にある、対になった部屋のパズルを解けば開くことが出来ます。
石柱の絵をゴリゴリ動かすいつものやつです。
動かない石柱がある部屋と同じように、もうひとつの部屋の石柱を合わせ、リディアの後ろにある輪っかの鎖を引けばOK。


skyrim_210.jpg

アイボリー・ドラゴンの爪で扉を開き、奥で三男ミクルルと対戦。
戦うリディアとミクルルの周りでふざけてるようにしか見えない。
とくに猫とそのとなり。

ミクルルを倒し、アミュレットの一部を回収。
近くにシャウトの言葉があったので習得。


skyrim_211.jpg

ダンジョンに入ってすぐ、アイボリー・ドラゴンの爪を持ってなくて出来なかった部屋。
帰りに忘れずにやっておく。

入り口から見て右側のパズルは、動かない石柱と同じ絵を合わせて爪を使うと宝箱がある部屋が出現します。

左側のパズルは……う~~ん。
絵を合わせて中央のテーブルの前で爪を使うと矢が飛んでくる。
この部屋への入り口にも爪を使うとこがあるんですが、使うと扉が開閉するだけなので、おそらく魔術師ダイナスが爪を使って扉を開けたということじゃないかと勝手に解釈。
この部屋の先へと続く扉も最初から開いてたしね。
きっとそう、そうなんだ、そういうことにしておこう。


skyrim_212.jpg

お次は次男シグディスが眠るイヴァルステッド近くの小さな島へ。
ゲイルムンドの間、というので部屋の名前かと思ってたら洞窟自体がそんな名前だった。
ゲイルムンドというのは、魔闘士集団を率いていたアークメイジです。
シグディスとの決闘の末、彼もここで亡くなったそう。


skyrim_213.jpg

ここにも石柱パズルが。
階段の左右に2つずつ絵があり、水の中には動かせる石柱が4つあります。
それぞれの壁に沿って同じ絵を合わせたらいけました。
絵っていうかレリーフなんですがね。

この先のテーブルにあった宝物を取った瞬間、白骨マンモスの牙でグサッやられました。
罠には気をつけましょうね。


skyrim_214.jpg

ゲイルムンド卿。
こんな、ゴロッと寝かされて……。

死しても仕えよとの命令で、亡くなったあともシグディスを永遠に監視しているそうですよ。
すいません、これから封印解いちゃいます。
鍵をいただいてシグディスの元へ。


skyrim_215.jpg

ヤツはうざかった。
3人に分身するし、出たり消えたりするし、シャウトで吹っ飛ばしてきたりするし。
丁度いい位置に柱があったので、ここで敵の攻撃をよけながら弓を放つ。

魔法の弓、ちょー綺麗。矢も完備されてたので普通の矢は売っぱらいました。
武器を魔法にすると見た目すっきりでいいわ。

シグディスからもアミュレットの一部を回収。
これで3分割されたアミュレットが全て揃いました。


skyrim_216.jpg

最後はパパが眠るリーチウォーターロックでアミュレットの修復。
近くに行ったことのある場所がなかったので、延々と走ってここまで来ました。
遠かった……道に迷った……。


skyrim_217.jpg

冒険者死んでた。
三男と次男のとこも何人か冒険者死んでいたな。
ゴールドールの事が書かれた「失われた伝説」という本を持ってた人もちらほらいたから、みんなアミュレット探しに来たんだろうね。

台座にあったエメラルドドラゴンの爪を持って先に進む。


skyrim_218.jpg

爪を使って開けるこの扉は2箇所あって、最初の扉は先ほど取ったエメラルドドラゴンの爪を使い、2つ目の扉はアイボリー・ドラゴンの爪を使いました。使われている絵の種類が違うんですね。


skyrim_219.jpg

最奥の部屋で3つの台座にアミュレットの一部を置くと、3バカ息子が現れた。
なにこの料理の鉄人風の登場はw

三男 ⇒ 次男 ⇒ 長男 の順で戦闘だったかな、確か。
以前と同じくそんなに強くない。
全員倒すとアミュレットが復元され、そして私の懐へ。

3バカ息子が立ってた後ろにパパさん寝てた。
お金いただいて帰ってきました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。