PCゲーム 「スカイリム」 & 「シムズ3」「シムズ4」 の浅くて生温いプレイ日記みたいなもの。 全てにおいてアバウトです。

[ スポンサー広告 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --.--.--  |  ▲ Page top

[ SKYRIM放浪記録 ]

SKYRIM放浪記録 15- アンダー・サールザル

skyrim_139.jpg

大学が発掘調査している遺跡でいろいろお勉強しようということで、ここサールザルに現地集合することになりました。
遺跡発掘現場っていう雰囲気が出てます。
中には足場なんかも組まれていましたよ。


skyrim_140.jpg

爺ちゃんから中にいるアーニエル・ゲインを手伝うよう言われ、彼に会い行くと、北の方の調査がまだなのでそっちを調べて魔法の秘宝を集めてくるよう指示されました。

で、数歩歩いたらこんな怪しい場所がありまして、置かれていたアミュレットを取ったら、後ろで鉄格子が下りて一人閉じ込められてしまいました。

爺ちゃんに助けを求めたら、アミュレットが関係してるかもと言うので身につけると、この壁のような扉のようなものがモヤモヤ~となったのでシャウトでダァーッとしました。
すると鉄格子もガガーッて開いて……って何なんだこの説明は。


skyrim_141.jpg

扉を抜けたら幽霊なのか幻視なのか男が現れ、私に話しかけてきました。

幽霊 「僕、サイジック会。この先、危険」

私にしか見えていなかったみたいなので、カクカクシカジカでぇーと爺ちゃんに説明。
爺ちゃんによるとサイジック会というのは、帝国の時代の前に活躍していた強い魔術師達で、ある日忽然と消えて百年以上だれも見かけたものはいないそう。
この遺跡とは関係ないはずなんだけどなぁと呟いておりました。


skyrim_142.jpg

話をしてたらドラウグル(骸骨さん)が襲ってきた。
相手は1体だし、爺ちゃんが何とかしてくれるだろうと、猫 傍観してます。


skyrim_143.jpg

ぼーっとしてたら、いつの間にかドラウグルにロックオンされてた。
見渡せば爺ちゃんの姿がない。
慌てて魔法の剣を召喚するが、心の準備が。

戦闘終了後にひょっこり姿を現した爺ちゃん。
どこに隠れてたんだ?!


skyrim_144.jpg

この先には危険が潜んでいると幽霊から警告されたにもかかわらず、爺ちゃんが行って調べてこいと言うので、さらに奥へと進んでおります。
私一人でございます。

石の仕掛け。
このパズル、前にもありましたね。
それぞれの石の後ろに正解の絵があるので、ちょー簡単。


skyrim_145.jpg

ドラウグル1体だと思って甘くみてたら、こいつめっちゃ強かった。
シャウト使ってくるし、なかなか死なないし、っていや、すでに死んではいるんだけど……。

魔法の剣でちょいちょい斬りながらシャウトなんかも織り交ぜ、こまめに回復して、少しずつ相手の体力を削り、なんとか勝てました。
時間かかったわー。
ダンジョン途中の敵にこんなに手こずってたら、あとあと心配だわ。


skyrim_146.jpg

また石のパズル。
今回も石の後ろに正解の絵があるのですが、石を動かすと別の石も動いてしまいます。
複雑ではないのですぐ解けると思います。

この絵、おそらく鳥とイルカ(もしくは魚)だと思うのだけど、はっきりとそれだと分かるのはさっきの蛇ぐらいだな。


skyrim_147.jpg

猫の横を弓矢が飛んでゆく。
見れば後ろで爺ちゃんが罠のスイッチ踏んでいた。
わしは味方じゃ。
何気に合流してるし。
ついて来るならさっきのドラウグル手伝ってくれてもよかったのに。


skyrim_148.jpg

最奥でボスと戦闘。
爺ちゃんがオーブにかめはめ波してるうちにバシバシ攻撃。
先ほどのドラウグルに苦戦したので、非常につらい戦いになるだろうと覚悟していたら、数回斬りつけただけであっけなく勝ててしまいました。ボスよえー。


skyrim_149.jpg

ひと仕事終えて遺跡で一杯やる爺ちゃん。
自由でいいわー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。